主人公たちへの共感の声が到着!

<敬称略・順不同>

「ジャヨン、ユナ、ボラム、一緒に戦った女たち、大っ好きだ!!」

尊さを噛み締めながら、シスターフッドを胸いっぱい吸い込みました。

犬山紙子
エッセイスト

「そういうものだ」と思ってしまえば楽なのはわかっている。でも思いたくない、思わないでいることを選んだ。

可愛く強い、普通の女性たちの映画だと思います。

青木祐子
小説家

実話を基にした作品で高卒女性社員が力を合わせて事実を隠蔽する会社を相手に解雇の危険を顧みずに力を合わせ真相解明に向けて奔走します。

ファッションやメイク小道具なども当時を再現すべくこだわっており、悪に立ち向かう姿に心打たれて僕も頑張ろう!と思える映画だったので皆さんに劇場でチンチャ観て欲しいです!

スクールゾーン 橋本稜
芸人

これが実話なのかと思うと震えるような問題でしたが、ラストスパートにかけての、この気持ち良さ! 本当にスッキリしました!!!

そして、私的に最後の場面でユナがある女性に発した、あのセリフがカッコ良すぎて!最高でした!まるで、自分が言ってやった!みたいな爽快感を得られました♡
みなさんにも、是非味わってもらいたいです!

高橋愛
女優・モデル

“教育”と“連帯”が女性を救う物語に、胸が熱くなりました。

よく食べて、よく学ぼう!
自分をエンパワーメントするために。

岨手由貴子
映画監督

最高のフェミ・エンタメ映画!
これこそ観たかったやつ!!!

『グエムル-漢江の怪物-』のあの子にこんな未来が待ってたなんて泣いちゃうじゃないですか。

山内マリコ
作家

すべての女性たちの表情が目に焼き付いている。

誰ひとり欠けても成立しないクライマックスだと思う。 連帯とは脇役をつくらないことなんだ、と胸が熱くなった。

柚木麻子
作家